好評発売中!オリジナル「アマビエ」キーホルダー

「病気が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」
と語り海中に消えた半人半魚の妖怪、アマビエ。

SNSで話題になり、厚生労働省の新型コロナウイルス感染症
拡大防止の啓発にも登場したアマビエを、弊社でも
独自のデザインで、アクリルキーホルダーにしました。

お守り代わりにいかがですか。

200421アマビエ料金表
▲画像クリックで拡大版が見えます

表示金額は全て、送料、代金引換手数料、消費税を含むセット販売です。
ファックスかメールで、下記の必要事項を明記してお申し込みください。

※お支払い方法は「代金引換」(クロネコヤマトコレクト便使用)のみとなります。
※ご注文から1週間以内で発送します。
※受付は平日の午前9時から午後5時まで対応(定休/土・日・祝祭日)。

FAX番号 024-594-2158

mailアドレス info@p-minpo.co.jp

記載必要項目
 ①商品名(例:アマビエ Aセット)
 ②セット数(例:2セット)
 ③お名前
 ④郵便番号
 ⑤住所
 ⑥電話番号

DSC_6876

DSC_6893

DSC_6890

お申し込みをお待ちしております★

『アマビエ夏マスク』も好評発売中!!

詳細は↑↑↑テキストリンクをクリック☆

吾妻山

吾妻山に雪が積もりはじめた頃、目をキラキラさせた息子が、「あそこに行きたい」とボソッと言いました。
思わず私は苦笑い・・。パパと2人で行ってね!と返すと「いいよ~」と・・少しさみしくなりました。
結局3人で行って、スカイラインが通行止めなっていて途中までしか行けませんでしたが、近くで見る山と雪に大興奮でした。
今度は暖かい季節に行きたいですね。


吾妻山

総務経理部 三浦

巨大蜂の巣

 今年の秋の出来事です。長く留守にしている親類宅のベランダに、いつの間にかキイロスズメバチが巣を作っていました。ガラス越しの撮影のため、写真はやや不鮮明なのですが、長さ70センチほどの巨大な巣です。まだまだ大きくするつもりなのか、周囲には巣作りの材料を持ち帰ってきた蜂が飛び交っていました。
専門業者が30分ほどかけて駆除してくれました。作業に立ち会いましたが、その大きさにプロも驚いていました。これでもう大丈夫。そう思っていたら、しばらくして同じ場所に15センチほどの巣が出現していました。蜂が一度巣を作った場所には、駆除されても再び巣を作ることが珍しくないようです。住人が長期間不在だと、安心して巣作りをするのかもしれません。また業者に取り除いてもらいました。

冬がすぎ、蜂が活動し始める春になったら、もしかしてまた? 心配です。(研)
IMG_0149 (002)

田んぼ1坪を飲む

新型コロナの感染拡大が続き、神経をすり減らす
日々が続いているのに、季節はいつも通り巡ってくる。
いつの間にか燗酒が恋しい季節になった。
今年ももう師走だ。

日本酒は冷やして飲んだり、温めて飲んだり、常温だったり
いろいろな飲み方が楽しめる。
1年中、燗酒に徹している人もいるし、寒い時に冷たい酒を飲み、
五臓六腑にしみわたる感触に浸る人もいる。

県内の蔵元を何度か取材しているが、
自慢の酒の味わい方や、合わせる料理など
造り手側の話を聞くことができて興味深い。
「飲み方に決まりはない。好きなように飲んでいいですよ」
という杜氏さんもいる。相性のいい食べ物も多く、
日本酒の懐の深さを知る。

先日、日本酒&食ジャーナリスト・山本洋子さんの
講演を聞いた。山本さんによると、精米歩合70%(米を30%磨く)
の純米酒を1升つくるのに約1㌔の玄米が必要だそうだ。
酒米の収穫量を田んぼ一反歩(約1000平方㍍)当たり6俵とすると、
純米酒1升には、約3平方㍍(約1坪)の田んぼが必要というのが、山本さんの計算だ。

良い日本酒を飲むことは、米はもちろん、酒に合う食材、樽や酒器づくりなどを通して
農業、林業、漁業、窯業、漆業といった幅広い産業と結びついている、と山本さんは
言う。ある蔵元も、日本酒づくりは、お米をつくる農家を守ることになり、ひいては地域を守ることになるため、頑張っていると言っていた。

「なるほど、自分が日本酒を飲むことは人の役に立っているんだ」と、
自分自身に言い聞かせていると、「なに屁理屈言ってんの。なんだかんだ言って
どうせ、今夜も飲むんでしょ」と女房殿の厳しい声が飛んできた。
「そう、飲むんです」。(Y.E)
ブログ杯

おかしをたべてしまった

今年も早いものでもう12月
先日プリントが散乱している我が家のリビングで、懐かしいものを発見
肥満気味の子どもだけが、特別に小学校から出された ‷夏休みの宿題!‴
親子で取り組んだ良い思い出です(笑)

最近は体力もついてきて長距離も走れるようになったし、上に伸びるから大丈夫。
頑張れ。ちび丸娘!

IMG_2612-300x225

営業部 高橋

岩がき&海鮮バーベキュー

こんにちは。営業部、渡辺です。

先月、妻と「いわき・ららミュウ」へ行って来ました。

DSC_0012

プリップリの大きな身とクリーミーな味わいの岩がき!

 

DSC_0014

ランチは館内で海鮮バーキューを食べました。
また、岩がきを食べに行ってみたいです。