富樫縫製(二本松市)と民報印刷がコラボしたアマビエマスクの発売から、4カ月余りが過ぎました。快適で蒸れないかわいいアマビエデザインのマスクは、当初の予想を見事にくつがえして、人気を集め売れ行き上々です。
 福島市のJR福島駅西口のコラッセ福島内の県観光物産館では、発売した6月から8月まで3カ月連続で工芸品部門の売上ナンバーワンでした。残念ながら9月は古関裕而さんの「古関メロディーベスト30」にわずかに及ばず2位でしたが、11月からは、ラジオ福島通りゃんせ基金キャンペーンオリジナルの「ラジビエ」マスクが加わるので、首位奪還の期待が高まります。
 ちなみに、東京の日本橋ふくしま館では7月に、あの「ままどおる」と首位争いして惜しくも2位、8月は「ままどおる」「エキソンパイ」に次ぐ3位、9月も「シャインマスカット」「国産馬刺し」など季節ものに負けたものの5位と、工芸品部門では他の追随を許していません。
 ありがとう!アマビエマスク。(K.K)

DSC_2492
8月の県観光物産館工芸品部門売上

写真㈪
期待の「ラジビエ」マスクのポップ

DSC_2544
日本橋ふくしま館の売上