ホッと一息のお供になる本をご紹介
カートを見る

ジュンコ堂書店

福島の歌碑

今野 金哉 著

発売日2009/12/20 A5判 394ページ

販売価格¥3,240(税込)

在庫状態 : 在庫僅少

数量
AMAZON.CO.JPから購入する

無料オリジナルブックカバー 詳細を見る

店長

ふくしまの春夏秋冬を、黙って石が語りかける
短歌に心寄せるやさしき日本人に

短歌に心を寄せられている皆様および文学碑を愛好されている方々に本書『福島の歌碑』をお届けします。

 

時間的な余裕がある方は本を携え、ドライブがてらに一基の歌碑に接していただきたい。その時々の歌人に親しみ、さらには短歌文学への関心が培われるとしたら、これに勝る喜びはありません。歌人のプロフィールが多く記載されています。

 

また、時間的な余裕がない方や出歩くことが困難な方は、本著をひもとき、自らの足で訪ねたと同様の感慨に浸っていただきたいのです。

 

ひとつご紹介します。…「みちのくの安達ヶ原の黒塚に鬼こもれりと聞くはまことか 平兼盛歌碑」碑石は、碑高1.3m、幅0.3mほどの四角柱である。公園入り口の、老杉近くに建つ「黒塚碑」の前に立っている。安達ヶ原は、忠義を守った老女のあわれな物語「鬼婆伝説」で有名である。その中心をなしているのが「鬼の岩谷」と「白真弓観音堂」などを含む観音寺である。(以下略)…

 

 
福島の歌碑  今野 金哉 著