ホッと一息のお供になる本をご紹介
カートを見る

ジュンコ堂書店

福島自由人 第31号

北斗の会 発行

発売日 2016/11/3 A5判 200ページ

販売価格¥1,000(税込)

在庫状態 : 在庫有り

数量

無料オリジナルブックカバー 詳細を見る

店長

文学を発信する

文芸同人「北斗の会」が、「福島自由人」第31号を発行しました。
今号は福島を題材にした作品がそろっています。
太田隆夫は、詩「弁天山ものがたり」と評論「福島県庁対岸の弁天山のこと」で福島市の弁天山を取り上げ、江戸時代の阿武隈川舟運とのつながりを描きました。宗像哲夫は三春町を舞台にした小説「それぞれの桜」を発表。東日本大震災で被災した夫婦を主人公に、心を病んだ妻が、滝桜に支えられて人生の最後を生きるさまをはかなく表現しました。
室井大和、今野金哉、菅野俊之、丹治幸子は福島ゆかりの文化人を紹介する作品を発表。地域文化の担い手でもあった彼らの、知られざる横顔にスポットをあてています。
 
それぞれの方法で、文学への思いを自由に発信する。
「福島自由人」の活動は今後も続きます。
 
 
福島自由人 第31号  北斗の会 発行