ホッと一息のお供になる本をご紹介
カートを見る

ジュンコ堂書店

蝦夷・陸奥・歌枕 彷徨其の四 岩手編・青森編

若槻 武雄 著

発売日 2017/7/1 A5判 414ページ

販売価格¥2,700(税込)

在庫状態 : 売切れ

売切れ

無料オリジナルブックカバー 詳細を見る

店長

黄金の国ジパング?・岩手╱ 高度縄文文化発祥の地・青森を逍遥

陸奥の蝦夷は有史以来、1800年以上にわたり中央政府との対立の構造の中にあった。米至上主義の時代、太平洋側は気候に恵まれず、狩猟・放牧中心で米作りのできない陸奥の蝦夷は差別の対象となっていた。
そんな陸奥の地も近代への変化はロマンに満ちている。国家権力による開拓=征服への反骨と寒冷風土による忍従精神により、岩手県は明治以降、総理大臣や各分野の著名人を輩出する「人材の大豊作地」となった。本州の最果ての地青森に花開いた高度な縄文文化は今注目され、世界遺産登録を目指している。
東北の歌枕の地を訪ねるこのシリーズ、4作目にして6県を網羅した待望の最新刊!
 
 
蝦夷・陸奥・歌枕 彷徨其の四 岩手編・青森編   若槻 武雄 著