ホッと一息のお供になる本をご紹介
カートを見る

ジュンコ堂書店

福島自由人 第32号

北斗の会 発行

発売日 2017/11/3 A5判 222ページ

販売価格¥1,000(税込)

在庫状態 : 在庫有り

数量

無料オリジナルブックカバー 詳細を見る

店長

新たな書き手を加え、福島の文学を届ける

県内を中心に活動する同人「北斗の会」が、「福島自由人」32号を発行しました。
今回は2名の同人を新たに迎えました。堀幸一郎は「素描 佐原盛純—文久三年、金上佐輔だったころ」を書き上げ、幕末から明治にかけて活躍した佐原盛純の素顔に迫ります。風間修は郡山市を舞台とし、囲碁をテーマに女子プロとの交流を描いた小説「女子プロの微笑み」を書きました。
石原哲也は「小説 石井重衛先生」を寄稿。作者自身とその周囲をモデルに高校教師時代の師との思い出を綴っています。
森口良一による、29号から続いた「嵯峨のかよい路」が今号で完結。
「福島自由人」の名の通り、同人たちの自由な羽ばたきが聞こえてきそうです。
 
 
福島自由人 第32号   北斗の会